ライザップで飲んでも良いお酒はこれ!

ライザップで飲んでも良いお酒はこれ!アルコールは摂っても良いの?

 

ライザップで肉体改造をして行くにあたり食事制限は当たり前になりますが、気になるのはお酒を飲んでも良いのかと言うポイントですよね。

 

 

元からお酒を飲む習慣が無ければ一切気にする必要はありませんが、ビールや焼酎が大好き!と言う方であれば、お酒も一切禁止!とされてしまうと、ちょっとモチベーションも低下してしまうものです。

 

 

実際のところ、ライザップではアルコールを含んでいるようなお酒は飲んではダメなのでしょうか?入会前に知っておくと後悔が無いと思いますので、ここで改めてまとめてみようと思います。

 

 

お酒は飲んでも大丈夫!

 

 

まず結論から言えば、例えライザップでダイエットをする事になってもお酒は飲んでも大丈夫との事です。ただし、飲んでも良い種類と飲むのが禁止されているものがありますので、何でもOKと言う訳ではないようです。

 

 

ライザップの公式ホームページにも記載されていますが、焼酎やウイスキーと言った蒸留酒はOKですが、ビールやワインなどの糖質を多く含んだお酒や日本酒のような醸造酒は飲んではダメと決められているみたいですね。

 

 

OKなお酒!

 

  • 焼酎
  • ウイスキー
  • ウォッカ

 

 

NGなお酒・・

 

  • ビール
  • ワイン
  • 日本酒

 

 

醸造酒とは?

 

 

お酒の材料となるのは、例えばビールですと大麦やホップなど、ワインでしたらブドウを使っていますよね。これらの糖分を含む原材料を利用して、発酵させたものが醸造酒と呼ばれています。

 

 

糖分を原材料としていますので、カロリーも高くお腹周りなどに脂肪が溜まりやすいのが特徴です。

 

 

蒸留酒とは?

 

 

それに対して、醸造酒に含まれる糖分を極力抑えた物が蒸留酒になります。ビールやワインには独特の甘さがありますが、蒸留酒は糖分が少ないためアルコール本来の味わえるのが特徴となっています。

 

 

その分アルコール度数は高くなりますが、ビールなどの醸造酒に比べると太りにくくアルコールが抜けるのが早いのが大きな違いであると言えます。

 

 

お酒もほどほどが1番です

 

 

飲んでも良いお酒があるとは言え、毎日ガブガブ飲んでしまうのは考え物です。お酒が進むと自然と箸も進んでしまい、ついつい食べ過ぎてしまうなんて事も経験されている方も多いのではないでしょうか?

 

 

確かに蒸留酒であれば微量であれば良しとされていますが、油断をしてしまうと太る原因に繋がってしまうと頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。

 

ライザップではOKですが、当然アルコールは肝臓に大きな負担がかかってしまいます。体は痩せても内臓はボロボロ・・・は出来る限り避けたいものです。

 

 

ライザップ終了後の油断に注意!

 

ライザップではビールなどを飲むと指導が入るのと痩せにくくなると言う事もあり、ほとんどの方が飲まなくなると思います。ただ、本当に怖いのはライザップのプログラムが終了して、食生活も縛られる事無く自由を手に入れた時。

 

 

筋肉が付いた体はリバウンドしにくいとは言え、食べては寝て食べては寝て・・の生活を繰り返していたんでは、いつかは筋肉も落ちて脂肪がぶくぶくと付いて行ってしまう事でしょう。

 

 

特にお酒が大好きで我慢していた方にとってみれば、縛りから解放されて1口目のビールなんかはとてつもなく美味しいと感じるはずです。ここで、いかに自分を制御出来るかが本番と言っても良いかもしれませんね。

 

 

せっかくライザップで痩せる事が出来たのですから、少しずつビールやワインを飲む量を減らしていき、最終的にはほとんど飲まなくなるのが理想的であると言えます。見た目のスタイルも大切ですが、中身も大切。特に肝臓は悪くすると大変です。

 

 

ライザップ豊橋店のトップへ!